矯正歯科Orthodontic

当院の2大矯正治療法

当院では患者様のご希望によって2つの治療法を提案させていただいています。

セラミック矯正法

セラミック矯正とはどのような治療?
セラミック矯正は、 歯をひと回り小さくしセラミックの歯を被せて、
歯並びを矯正する方法です。
「当院の行うセラミック矯正法」の3大特徴
特徴 01

ワイヤーも矯正装置も一切使わない

ワイヤー矯正のような矯正装置を一切使わないため、
見た目が気になることがありません。

矯正装置による不快感や痛みもなく、
矯正期間中も今まで通りの生活を送ることができます。

特徴 02

1回目の治療で、見た目がきれいに

1回目の集中治療により気になる箇所を調整した後で、
白い仮歯(プラスチック製)をかぶせて、きれいな口元になります。

最短2回で、仮歯をセラミックに入れ替え、治療完了です。

特徴 03

歯並び、色、形すべてきれいに

横浜クリニック歯科は、歯並びはもちろん、
セラミックの歯の色味、歯の 形、大きさまでも、オーダーメイドで対応します。

セラミックの素材は、
予算に合わせて3種類から選択でき、1本から治療可能です。

≪横浜クリニック歯科で行うセラミック矯正と他の矯正治療との比較表≫

セラミック矯正と他の矯正治療との比較表
※上記〇、×の判断は歯科医師の判断にて変更可能かどうかの目安です。

マウスピース矯正法

マウスピース矯正はオーダーメイドで作った透明なマウスピースを
用いて歯並びをきれいにする方法です。
矯正歯科治療を迷われる方のご意見として「ワイヤーでの矯正に抵抗がある…」
といったお声をよくいただきます。

ご存知の通り、人生には大きなイベントがいくつもあります。
高校卒業・成人式・入社式・結婚式など記念に写真を撮影する機会がたくさんあります。

通常の矯正方法では、1〜2年程度は矯正装置を付けていなくてはなりません。
その期間中に人生の大切なイベントがやってくることもあります。
そういった時に「ワイヤーが付いた歯で、記念写真を取りたくない」
そのように考えられる方はとても多いのではないでしょうか。

ですが、マウスピース矯正なら問題ありません。
そういった場面の時だけ、マウスピースを外す事ができます。

マウスピース矯正の場合、多くは親知らず以外の歯を抜くことはありません。
このような理由でマウスピース矯正を選ばれる方が増えています。

当院は前歯部のみのマウスピース矯正(IGO)も対応可能です

当院では、従来のマウスピース矯正だけでなく、前歯部のみに範囲を絞った「インビザラインGO」という矯正治療にも対応しています。
こちらの治療方法は、前歯だけを対象とする代わりに、40万円〜と比較的安価に矯正治療を行えるのが特徴です。
「興味はあるけれど、費用面で二の足を踏んでしまう…」といった方もぜひご相談ください。

<守っていただきたいこと>

他にもいくつかありますが、いちばん大事なのは 1日22時間以上 マウスピースを使っていただく事です。

しかし逆を返せば「1日2時間はマウスピースを外しても良い」という事です。
人生のイベント時、写真撮影だけに2時間以上かかる事はまずないでしょう。
人生の一大イベント時にはその2時間を最大限使って下さい。

もちろん、上記を守るのが難しい状況のお方には通常のワイヤー矯正にも対応しております。
当院では患者様のニーズに合わせて様々な治療方法をご提案させていただけますので、
是非、カウンセリング時にいっしょに最高の治症方法を見つけましょう。

私達の矯正治療 3つのこだわり

理由 01

最高の笑顔を引き出す歯並びデザイン

歯や歯並びがきれいだからといって、きれいな笑顔になれるわけではありません。
横浜クリニック歯科は、笑顔になった時に一番目立つ
前歯6〜8本(スマイルゾーン)を、いかにきれいな形に見せるか
にこだわっています。

前歯のスマイルラインの高さや前歯の横幅の黄金比、理想的な歯の角度を追求し、
写真、SNS、インスタ等にはえる笑顔になるように歯並びのデザインを決めます。

理由 02

チクッの痛みも感じさせない工夫

横浜クリニック歯科は、治療中の痛みはもちろんのこと、
麻酔の針を刺す瞬間の痛みや麻酔を入れている間のわずかな痛みまでも、
徹底的に取り除く
ことに最大限の配応を行っています。
そのため横浜クリニック歯科は、次の4段階麻酔法を採用しています。

 注射針の挿入時の痛み対策

麻酔シールをはることで、麻酔注射を刺すところの皮膚の感覚をなくします。

 麻酔液注入時の痛み対策

麻酔の針に通常の歯科医院の針の太さ(0.4ミリ)ではなく、
鍼灸院の針の細さと同じもの(髪の毛くらいの細さの0.28ミリ)を
利用することで針の挿入時の嫌な感覚を抑えています。

さらに、歯科専用の電動麻酔注射器を利用することで、
注射の痛みの主要因である麻酔の注入スピードによる
余計な圧力を和らげ、ゆっくりと痛くないように麻酔を注入できます。

 麻酔注射の痛み対策

一番痛くないところ(頬と歯茎の境目)に注射し、
麻酔注射の痛みを徹底的に取り除きます。

 治療中の痛み対策

ここまで来て、初めて、麻酔の注射を患部に必要な分量を注入していきます。
なお、治療中に万が一痛みがある場合には、即座に治療を中断します。
また、定期的にうがい休憩の時間を設けて、
精神的にも疲労がたまらない治療
を目指しています。

さらに、セラミック矯正は前歯の矯正なので麻酔がききやすく、
痛みを感じにくい治療
です。

理由 03

歯の神経を出来るだけ残す。

初診時にカウンセリングをする際当院では
最新のCT機器やスキャニング装置を用い口腔内の撮影をします。

そのデータを全てのドクターが目を通し、診療後のディスカッションで情報を共用するため、どのドクターが担当になっても最良の治療を行う事が出来ます。

又、そのディスカッションの中で患者様の歯1本づつのデータを分析し、
歯の表面から神経までの正確な距離を計測します。

 

主な矯正治療の流れについて

実際に「どれくらいの期間で、どういった治療を行うのか」をご覧いただけます

当院では最初のカウンセリングに力を入れています 〜当日の流れ〜

※当院の無料カウンセリングは患者様の理想に近づけるために行う重要なカウンセリングです。

STEP 01

電話・ホームページから予約

LINEで相談してみて、実際に面談で相談したいと思った場合は、
来院カウンセリングの予約を行ってください。

STEP 02

無料カウンセリングへ

事前に予約した日時に来院ください。

STEP 03

問診・CTスキャンの撮影

歯・口元に関する悩み、理想とする状態などをヒアリングした上で、
歯の状況を詳細に問診します。

STEP 04

口元の改善プランの提案

患者様の理想的な状況になるまでの治療プランをご提案します。
※当院では一切不必要な治療はいたしません

STEP 05

スケジュール・料金・分割の確認

スケジュール(来院の回数・治療完了時期の目安)、料金及び支払方法について、ご説明します。
※こちらは無料となります。診察料などは一切発生しません。

STEP 06

契約・支払方法の決定

治療をご希望の方は契約書にサインをして頂きます。
少し考えたい方は、後日ご連絡をください。

STEP 07

初回検査・初回集中治療

当日又は後日、初回検査を行います。CT、セファロ検査、レントゲン等の検査を行い、詳細な治療計画を決定します。

カウンセリングを受けた後、すぐに決める必要はありません。ちょっとでも迷うようであれば、お家に帰ってよく検討してみてください。家族や友人に相談するのもよいと思います。

<横浜クリニック歯科の症例集>

セラミック矯正

1回目の治療
STEP 01

初回集中治療できれいな口元に

  • 治療前
  • 歯を調整

    (仮歯を被せるために、ひと回り小さく調整)

  • 仮歯を被せる

(仮歯を被せるために、ひと回り小さく調整)

初回に2時間の集中治療を行います。歯の調整をし終えたら、最後に白くて見た目がキレイな仮歯(プラスチック製)を装着し、初回来院時にきれいな口元になります。

麻酔が効くまで、治療を開始しません。
後日、もう1度だけ、セラミック等との隙間をなくすための細かい歯の調整を行ないますが、それを乗り越えさえすれば、治療完了なのでご安心ください。

初回治療から、2週間〜1ヶ月

2回目の治療
STEP 02

歯の調整・仮歯の調整・歯型取り

仮歯の調整後、歯型を取ります。仮歯と歯型に基づいてセラミック等の被せ物を作成に入ります。

歯の色、形、大きさや噛み合わせ等には、人それぞれの好みがあります。実際に仮歯を装着して体験しないとわからない感覚値もあります。
横浜クリニック歯科は、一切妥協したくないので、仮歯の段階で患者様が納得できるまで、患者様好みの歯の状態を共に追求し続けます。このため、仮歯で納得できてから、歯型取りになりますが、治療回数が増えても無料でご対応しますので、ご安心ください。

歯型どりから、2週間〜1ヶ月

3回目の治療
STEP 03

セラミックを被せて治療完了

セラミックの歯を被せて、自分の歯のような自然できれいな状態になります。              

セラミック矯正の症例
K・I様(すきっ歯治療)

施行名 : 審美歯科(歯ならびや歯の色の悩みをセラミッククラウンやホワイトニングなどで改善する施術)
副作用やリスク : 麻酔で腫れやむくみを生じる場合があります。
施術の価格:7万〜90万(税抜き)
※個人差があり、効果を保障するものではありません

S・Y様(受け口治療)

施行名 : 審美歯科(歯ならびや歯の色の悩みをセラミッククラウンやホワイトニングなどで改善する施術)
副作用やリスク : 麻酔で腫れやむくみを生じる場合があります。
施術の価格:7万〜90万(税抜き)
※個人差があり、効果を保障するものではありません

K・A様(出っ歯治療)

施行名 : 審美歯科(歯ならびや歯の色の悩みをセラミッククラウンやホワイトニングなどで改善する施術)
副作用やリスク : 麻酔で腫れやむくみを生じる場合があります。
施術の価格:7万〜90万(税抜き)
※個人差があり、効果を保障するものではありません

歯に優しい歯並び矯正で、患者様の笑顔を取り戻す

マウスピース矯正

1回目の治療
STEP 01

お口の中全体をクリーニングし、 口腔内スキャニング装置を用いて歯型のデータを採取します。
※ただし親知らずを抜歯する必要がある場合は、1回目の治療の前に抜歯します。

2回目の治療
STEP 02
スキャニングのデータを元に、クリンチェックという治療計画を何度も練り直しながら作成し、完成しましたら当院からご連絡を差し上げます。
スキャニングからおよそ3週間で治療計画が完成します。
3回目の治療
STEP 03

いよいよマウスピースをお渡しし、本格的な矯正治療が始まります。当院のスタッフがらマウスピースの使用方法や注意点の説明をさせていただき、最終枚数までのマウスピースを全てお渡しします。

今日からが本格的な矯正治療のスタート。
いっしょにがんばっていきましょう。

4回目の治療
STEP 04

マウスピース矯正の場合、適切なタイミングで歯の表面にアタッチメントという突起物を付けたり、歯と歯の間を少量やすりがけする必要がある場合が多いため、その処置ごとに来院していただきます(約1ヶ月に一度のペース)

マウスピース矯正の症例
S・O様(治療期間:1年)

施行名 : 審美歯科(歯ならびや歯の色の悩みをセラミッククラウンやホワイトニングなどで改善する施術)
副作用やリスク : 麻酔で腫れやむくみを生じる場合があります。
施術の価格:7万〜90万(税抜き)
※個人差があり、効果を保障するものではありません

Y・E様

施行名 : 審美歯科(歯ならびや歯の色の悩みをセラミッククラウンやホワイトニングなどで改善する施術)
副作用やリスク : 麻酔で腫れやむくみを生じる場合があります。
施術の価格:7万〜90万(税抜き)
※個人差があり、効果を保障するものではありません

Yokohama Clinic Dental Office / SNS ACCOUNT

横浜クリニック歯科では、LINEでの直接相談や
INSTAGRAMにて症例をご紹介しています
ぜひご覧ください